何故、体験レッスンをしないといけないのか?

どうもです!
半年で教室を満席にする
ハンドメイド講師コンサルタントの
三上美幸です。


ハンドメイド,体験レッスン,バックエンド,フロントエンド

私のところで受講してくださっているコンサル生さんには、フロントエンド商品、バックエンド商品を用意しましょうね!
という話をしています。

ハンドメイドで仕事している方は、実は、フロントエンド商品しか知らない方がとっても多いんです!!
商品設計を考える時にとっても必要な概念なのですが、今回は、フロントエンド商品、バックエンド商品というのがなんなのかご説明しますね!!

フロントエンド商品とは、「集客商品」
バックエンド商品は「本命商品」です。
の事を言います。

買ってもらいやすい、集客商品を一度買ってもらい、価値を感じてもらった後に、利幅の大きい本命商品を紹介し買ってもらう、というマーケティング手法なんです。

実は、世の中この手法がたくさん使われています!

例えば、レストラン!
ランチで味を知って貰い、単価の高いディナーへ来てもらうというのも同じ手法を使っています!

ハンドメイドでいうと、協会に属している人はすごく分かりやすいですね!
体験レッスンがフロントエンドになります。

では、ハンドメイドで仕事している方は
フロントエンド商品ばかりたくさん出したがっているので、仕事に出来ないという話を前振りさせていただきましたが、思い当たるところはありますか??

たとえば、
・イベントのワークショップには集客できるが、その後繋がらない。
・色んなハンドメイドお稽古をやっていて、体験レッスンばかりになってしまっている。

などなど。

それって、自転車操業になりやすかったり、自分がひたすら忙しいだけになってたりするんですよ。

もちろん、それが好きー!
そういうのが良い!
という方もいるので、それはもちろん人それぞれですが、

ハンドメイドで収益をきちんとあげるには、フロントエンド商品とバックエンド商品というのを用意する必要があります。
あなたは、自分のノウハウをすべて詰め込んだ、お客様のためになる、本当に買ってもらいたい商品を準備できていますか?

次回は、バックエンド商品の作り方のポイントをお話しします!

投稿者プロフィール

三上 美幸
一般社団法人日本レジュフラワー協会代表理事。
好きなことを仕事にしたいという想いのもと、本物の花をUVレジンで加工した、大人の女性が可愛さ溢れるアクセサリーの制作・販売を行う。
イオンモール川口、ららぽーと海老名など大手商業施設から社団法人、名企業、飲食店までのワークショップイベント開催実績も豊富
起業1年目で年間500人を集客。2年目には700人に。
そのノウハウをハンドメイド講師へコンサルティングを行っている。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。