ブログであなたから買いたいと思うファンを作る3つのポイント

ブログであなたから買いたいと思うファンを作る3つのポイント

どうもです!
半年で教室を満席にするハンドメイド講師コンサルタントの三上美幸です。

ブログ診断ではたくさんのいろんな質問をいただきます。
ブログ診断で集客のお悩みをいただいた方々から、真剣さを感じる質問にお答えさせていただいています。

今回もいただいた悩みについて皆さんとシェアしながら、お答えさせていただきます!

————————–

現在各お店に委託販売等をしていただいているのですが、今後直接の販売も、より増やしたいと思っております。
ファンを増やす方法等アドバイスいただければ幸いです。

————————–

では、今回はブログであなたから買いたいと思う、ファンを作る3つのポイントについてお話させていただきます。

プロフィールは自分の写真

ブログをアメブロを使っている方が多いと思うのですが、プロフィール写真を自分のブランドロゴにしている方が多くみられます。
あなたのブランドロゴは、お客様にたいしてどんなアプローチになっているんでしょう?

あなたのブランドロゴは、あなたにとっては価値があるものかもしれませんが、お客様にとっては大した価値ではありません。お客様は、何を買うかではなく、あなたから商品を買うということをします。なのに、顔が見えなかったら不安で商品が買えません。

どこの誰が作ったものが分からなかったら購入しませんよね?
まずはプロフィール写真を自分の写真に変えましょう。

商品の前にあなたを売り込め

ブログの記事に、子供の事、料理の事、ペットの事など載せている方がいますが、それはハンドメイドの仕事に関係することでしょうか?

そんなこと言っても、商品が売れないとブログが書けない。
商品を作らないとブログが書けない。
レッスンがないと…

と思う方もいると思います。

だからこそ、ハンドメイドと関係ない記事を書いてしまう。

でも、自分を知ってもらう一環として、子供の事、料理の事、ペットの事を書いているのかと
思うんですが、それは意味がありません。

もちろん、自分の事を知ってもらう事は重要です。
では、どんな事を書いたらいいのかというと、ハンドメイドの仕事に対する想いや起業ストーリーなど、お仕事に関係して、
あなたを知ってもらえるものを書いていきましょう。

あなたのターゲットは誰ですか?

あなたのサービスは、商品は誰のための商品なのでしょうか?

・30代女性の子持ち、世帯年収200万円の人
・30代女性の子持ち、世帯年収1000万円の人

なのかによって、見せ方が変わってきます。

それはなぜかというと、年収によって、購入する金額が違ってくるからです。

例えば、年収200万円の子持ちの人は、自分の事にお金をかけることはできません。
けれども、年収1,000万円の子持ちの人なら、子供にも自分にもお金がかけられて、自由に使うことができます。

この二人が支払う物に対して、支払う金額が違うのは分かりますか?

このように、誰でもいいから私の商品買ってくれ!といってもターゲットに響くものでないと、商品を買ってくれません。

あなたがお客さんになってほしい人はどんな人でしょう??その人が喜ぶブログの書き方をしてあげたら、あなたのファンになってくれます!

まとめ

ファンを作るのは、あなたのブランドへではなく、あなた自身のファンを作ること。

あなたから購入したいと思ってもらえるブログを書いていくことは、なかなか難しいかもしれません。

ですが、3つのポイントをつかんで、きちんとブログを書いていくことで、
しっかりと集客できるようになっていきますよ!

半年で月30万円以上の成果をだすためのコンサルティングメニュー。たくさんのお問い合わせをいただいております。
ですが、本気で月30万円稼ぎたいという方にしかコンサルティングをしようとは思っていません。

本気の人には本気でぶつかりたい!だって、本気の人は必ず成果を出すことができるから!

本気でハンドメイドで食べていきたい人のためのメニューのため、本気じゃない人は一向に売上は変わりません。
本気で売上たいという方だけお問い合わせくださいね!

投稿者プロフィール

三上 美幸
一般社団法人日本レジュフラワー協会代表理事。
好きなことを仕事にしたいという想いのもと、本物の花をUVレジンで加工した、大人の女性が可愛さ溢れるアクセサリーの制作・販売を行う。
イオンモール川口、ららぽーと海老名など大手商業施設から社団法人、名企業、飲食店までのワークショップイベント開催実績も豊富
起業1年目で年間500人を集客。2年目には700人に。
そのノウハウをハンドメイド講師へコンサルティングを行っている。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。